« 今年も2匹生まれていたのが判明 | トップページ | 2020年ムササビキンタロー子育て最終章その2 »

2020年6月 5日 (金)

2020年ムササビキンタロー子育て最終章その1

2020年5月の日本国は非常事態宣言に一喜一憂する日々でした。

ムササビキンタローも世の中が外出自粛という風潮が影響したのか、子供たちの巣立ちに消極的でした。

今までは親子が一緒に巣立ちをして巣から離れたのですが、今年はムササビの子供たちは一匹毎に巣立っていったのです。

ムササビの子供たちが心配で憂鬱でしたが、写真を見ていると最近では冷静に判断ができるようになりました。

 

Img200508001

5月8日の母親が留守の間巣から出た2匹の写真です。

カメラにも慣れてフラッシュにも驚きません。

ベランダの外の世界に興味津々という感じです。

 

ところが、左の子供が2日後にとんでもない行動に出るのです。

Img200511001

ムササビがいるのは2階のベランダですが、5月11日昼玄関脇の傘立ての脇に動物を発見。

よく見るとムササビの子供。10日の夜に巣から落ちたと思いました。

自然界ではムササビの子供が巣から落ち天敵の餌食になることはよくあること。

巣と同じペットボトルのダンボール箱を使って無事巣に戻しました。

ディズニー映画なら感動の場面なのですが、母親のムササビキンタローは「どこへ行ってたの」という態度なのです。

心配していないのにこっちが驚きました。

続く

|

« 今年も2匹生まれていたのが判明 | トップページ | 2020年ムササビキンタロー子育て最終章その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も2匹生まれていたのが判明 | トップページ | 2020年ムササビキンタロー子育て最終章その2 »