« 帰ってきたムササビキンタロー | トップページ | 今年も2匹生まれていたのが判明 »

2020年3月22日 (日)

ムササビ金太郎三代目 3

ムササビキンタローが帰ってきて子育てを始めたが、なかなか子供を見せてくれない。

夜になると巣を出発してPM10時半には戻って来てしまう。

そこでPM7時半に留守を狙って巣の中をライトを照らして見ましたが、子供が小さすぎて見ることが出来ませんでした。

するとPM8時半にはムササビキンタローが戻って来たのです。

遠くからも巣を気にしているのでしょう。

巣を照らしている光に気づき、子供を心配して早く帰ってきたらしいのです。

 

それにしても2月まではムササビ金太郎三代目がずっとこのままいてくれると思っていました。

森へと去ったムササビ金太郎三代目は思い出を残してくれました。

これからは思い出を語りたいと思います。

Img_190701

母親のムササビキンタローから邪魔されたが、結局生まれた巣で生活をすることになりました。

上の写真は7月1日に撮った写真ですが、生まれた場所で安心して寝ている姿です。

生まれた場所に対する思い入れが強かったので、巣にいるのが一番と思っているようでした。

 

|

« 帰ってきたムササビキンタロー | トップページ | 今年も2匹生まれていたのが判明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰ってきたムササビキンタロー | トップページ | 今年も2匹生まれていたのが判明 »