« ムササビキンタロー子育ての記録(13) | トップページ | ムササビキンタロー子育ての記録(15) »

2019年12月18日 (水)

ムササビキンタロー子育ての記録(14)

5月になり子供達の巣立ちが近づいて来た。

子供達は何も知らず母親に甘えている。

P5080001

ムササビキンタローは巣の外にいる時間が増えてきた。

子供達も巣の外に興味を持ち始めた。

そして巣から外に出てベランダの奥にいる母親のもとへ。

途中窓の側を歩くムササビの子供達。

P5080002

上の写真は窓の外から部屋の中を覗き込むムササビの子供。

この時の印象が余程影響しているらしい。

今では巣の中で細かく砕いた杉の皮を被って寝ている。

窓を開けてたら部屋の中でベッドに入って寝てしまうのかも。

そんなことを想像したくなるムササビの子供達なのです。

P5100001

ムササビキンタローは子供達に外の世界に慣れるように教育しています。

人間の世界に興味を持つより自然界に慣れてもらわなければ。

親子はベランダの中にいるので安全なのです。

木の中で育ったムササビの子供は木から転落して天敵に襲われることが多いのです。

 

ベランダを子育ての場所に選んだムササビキンタローは実に賢い選択をしたのです。

いよいよ親子の旅立ちが近づいてきました。

|

« ムササビキンタロー子育ての記録(13) | トップページ | ムササビキンタロー子育ての記録(15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムササビキンタロー子育ての記録(13) | トップページ | ムササビキンタロー子育ての記録(15) »