2019年6月16日 (日)

帰ってきたムササビキンタロー

先月森の神様によって森に連れて行かれたムササビキンタロー親子。ベランダも掃除でき快適な生活に戻りました。

しかし3日前ムササビキンタローがベランダに戻ってきてしまった。

正確にはムササビの子供なのか昨年生まれた金太郎ジュニアなのかも不明なのであるが。

昨年生まれた子供と今年生まれた子供を合わせると5匹。

とりあえず、帰ってきたのはムササビキンタローとしよう。

これからもよろしくね!

Img_1129_2

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

森の神様

ムササビの子供たちは巣立ちを拒んでいたようなのです。ムササビキンタローもノイローゼ。

このまま巣立ちは無いのかも。

人間の生活に興味津々。

窓越しに部屋の中を見るムササビの子供。

 

でも君たちは森でしか生活出来ないんだよ。

ついに18日森の神様が子供たちを森に連れて行きました。

あまりにも突然の出来事だったので驚きました。

森での新しい生活頑張るんだよ。

 

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

別れの予感

ムササビキンタローの子育てには迷惑と感じたが・・・・。

やっぱり子供はかわいい。

金太郎ジュニアの弟・妹にあたるのだろう。

今年も無事に育った。

P4210124

子供はカメラを怖がらないのに、ムササビキンタローは隠そうとしている。

毎日毎日子供は大きくなっている。

令和に年号が替わると子供たちは巣立っていくのだろう。

寂しいような、ほっとするような。

| | コメント (0)

2019年4月22日 (月)

ムササビ金太郎一家愛憎劇

2月以降災難が続きブログを書く気になれない状態でした。しかしその間にムササビ金太郎一家は激動の日々をすごしたのです。

金太郎ジュニアはほとんど昼間は寝てばかり。のんびり過ごしていました。

そのうちに夜11時頃に森から帰るようになったのです。

朝4時半頃まで森で飛び回っていたのに。

3月になると子供ができたような気配がしてきました。

去年生まれたことを考えると幼妻。

4月になると子供をはっきり確認できました。

よくよく見てみると母親は金太郎ジュニアではなくムササビキンタロー。

ムササビキンタローが子供から巣を奪って子育てをしていたのです。続く

| | コメント (0)

2019年1月28日 (月)

つぶらな瞳

新しい年を迎え1ヶ月が経とうとしている。

金太郎ジュニアは昼間は寝てばかり。
写真を撮っても同じ写真ばかり。
27日いつもと同じ写真と思っていたら違っていました。
最初の1枚。
P1270030
尻尾で体を隠しています。
そして、巣から物音がしたのでシャッターを押したのが次の写真です。
P1270031
顔の半分は尻尾で隠されてますがつぶらな瞳が印象的な写真です。
一瞬の出来事でした。
そしてすぐに尻尾で体を隠して寝てしまいました。
P1270032
寒い日々が続いていますが、金太郎ジュニアは幸せに暮らしています。
いや寝ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

金太郎ジュニアの写真集

3月20日頃に生まれた金太郎ジュニア。

5月10日に母親と森へ旅立った金太郎ジュニア。
7月15日に生まれた場所を探してベランダにたどり着いた金太郎ジュニア。
もうじき大晦日を向かえる今も昼間ベランダでぐっすり寝ている金太郎ジュニア。
いろいろあったなあ。
ムササビ金太郎のブログに掲載した写真を写真集に載せました。
是非ご覧ください。
母親のムササビキンタロウの写真も併せてご覧ください。
今年はムササビ親子と歩んだ1年でした。
親子にとって2019年が良い年になってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

盛りは過ぎたけど

先週美しかった紅葉の多くは終わってしまった。それでもまだ一部の楓が頑張ってくれている。考えてみると、紅葉が始まって今週まで1ヶ月間、楓が交代で紅葉をしてくていた。更に庭の中に楓の苗木が自然に自生していて紅葉しているのを発見した。この苗木が大きくなるまで元気でいたいなあ。これから益々秋が楽しみ。

Pc090011
      最後に紅葉してきた楓
------------------------------------------
盛りは過ぎても頑張って紅葉してくれてる楓に 感謝。
Pc090014
       赤い楓が次第に多くなってきました
-------------------------------------------
このところ寒い日が続いている。
金太郎ジュニアも箱の巣で丸くなって寝ている。
最近は顔も見ることがなかった。
昨日やっと顔を見せてくれた。
Pc090002
   寝顔が可愛いなあ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

錦秋のムササビ

12月になり楓たちも後がないのだろうか。一斉に色付いてきた。先週のBlogで紹介した高遠で買ってきて40年になる楓も全体が色付いた。

Pc010009
上の方は一部枯れ始めてますが、下から見ると見事です。
----------------------------------------------------
紅葉してなかった楓の多くが一斉に紅葉したので錦秋の季節をむかえた。
黄色いウコン楓・真っ赤な野村楓・ポピュラーなイロハカエデなど様々な楓が重なることで錦秋と呼ばれる美しい庭になる。
Pc020054
      錦秋の我家の庭
上の写真はムササビがベランダから飛んで行く方向にある楓です。
金太郎ジュニアも紅葉を楽しんでくれているのだろうか。
ムササビは夜飛んでるので紅葉を楽しむことはないようです。
人間は紅葉を楽しみ、ムササビは睡眠を楽しむ・・・・・・。
Pc020071
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

深まる秋

秋も深まり紅葉の美しい季節を迎えた。我家の庭は順番に楓が紅葉になっていくので、長い間紅葉を楽しめる。

Pb240019
今見頃を向かえた楓の写真です。40年近く前高遠の花見に行ったときに買ってきた楓の鉢から育てて、こんな大きな木になりました。上の方が赤く下の方が緑なので、上から見る印象と下から見上げる印象は大分違います。
--------------------------------------------
Pb240027
この写真は別の楓です。先週が見頃だった楓です。
上の方の葉の一部は既に枯れて黒くなっています。でも下の方の葉は紅葉が美しく綺麗に撮影できたと思います。京都の寺のように大量の楓が植わっていれば庭全体が美しいのでしょうが、楓の数も少なくばらばらに紅葉するため、紅葉が美しいとはいかないようです。
------------------------------------------------
庭の紅葉のことには金太郎ジュニアは関心がありません。
Pb250037
巣の中でひたすら寝ています。
最近は森の別宅に外泊することもあります。
金太郎ジュニアのいない巣を見てると寂しい気持ちになります。
今は寝てる姿を見てるだけで心が安まる思いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

金太郎ジュニアの寝顔

寝相の悪かった金太郎ジュニアも最近は大人しい寝姿になった。3月に生まれて8ヶ月。大人になってきたのかな。

Pb040023
---------------------------------------
5月11日に母親とともにベランダから巣立っていった。
もう会うこともないのかなと思っていたら、7月15日に生まれたベランダに戻ってきてくれた。嬉しかったなあ。
9月下旬になると森へと戻っていった。
今度はもう来年7月までは会えないだろうと覚悟していたら、10月11日に再び戻ってきてくれた。
最近は毎朝必ずベランダの巣に戻ってきてくれてる。
金太郎ジュニアの寝顔を毎日見ることができるだけだも感謝しなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«サービス精神