2021年9月11日 (土)

今年生まれたムササビ

今年生まれたムササビは成長の記録を残さずベランダを去って行った。

ムササビ親子の去ったベランダの巣はそのまま残しておいた。

親子がいつ帰ってきても暮らせるように。

Img_5977

でも親子そろって戻ってくることは無かった。

写真のように子育ての頃の思い出しか残らなかった。

 

4月20日から3ヶ月間空き家だった巣に、7月20日に新たな居住者が現れた。

茶色っぽいムササビで小振りなのである。

森の巣で成長したムササビが生まれた場所を探して帰ってきたのだ。

しかし一週間もすると母親のムササビがベランダに来て子供を追い出してしまった。

次の子育てに邪魔なのだろう。

母親は毛並みが黒っぽく子供は茶色なので区別ができる。

子供のムササビはその後も母親の留守を狙ってベランダにやってくる。

写真のように仲の良かった親子が今ではマイホームを争っているのに、自然界の厳しさを感じるのであった。

| | コメント (0)

2021年9月 3日 (金)

秋の訪れ

9月になり涼しくなりました。

笹子地蔵霊験記を書き終え、今年も残り4ヶ月となってしまいました。

 

ムササビ親子については、すっかりご無沙汰となっていました。

3月に子供のムササビが生まれたことをブログに書きましたので、その後の子育てについて報告いたします。

実は4月になると幼い子供を連れて二代目ムササビキンタローは森に去ってしまったのです。

そのため子供の写真をほとんど撮ることが出来なかったのです。

Img_5817

4月17日に巣の中で顔を隠しているムササビの子供の写真が唯一なのです。

数日後に母親に咥えられて森の巣へと去って行ったのです。

去年ベランダを動き回っていたムササビの子供たちを懐かしく感じました。

 

| | コメント (0)

2021年8月17日 (火)

笹子地蔵霊験記その21

笹子地蔵と長泉院・御嶽神社を一直線に結ぶレイラインは、北は佐渡島に南は三宅島にまで伸びており途中丹沢湖三保ダムにて、「千葉県一宮町と島根県出雲市を結ぶ全長692km以上に及ぶ北緯35度22分に位置するレイライン」とゴールデンクロスをしていることを述べてきた。

 

神々の世界における大動脈にまで至ったことで、笹子地蔵がレイラインを通じて神々の世界とつながっていることを証明できたと確信している。

多くの方が笹子地蔵敷地内の地蔵堂(鑵主石)と笹子地蔵由来碑(天狗石)をお参りすることで神仏のご加護を受けられることを祈りたい。

| | コメント (0)

2021年7月31日 (土)

笹子地蔵霊験記その20

千葉県一宮町と島根県出雲市を東西に結ぶレイラインは全長692km以上に及ぶ北緯35度22分の直線で、修験道や密教の世界では古くから「御来光の道」として知られてきました。

日本の国にとっても新しい時代に変わる時に、必ず「御来光の道」で大きな出来事が起きてきました。

 

  • 1180年石橋山の戦いに敗れた源頼朝は安房国に逃れた。父源義朝の家臣であった上総広常が平家方を討って上総国の支配権を確立すると、頼朝一行は北緯35度22分を越えて下総国国府まで進むことが出来た。ここに鎌倉幕府成立に向けて時代が動いた。
  • 1333年隠岐島を脱出した後醍醐天皇は船上山に行宮を設け挙兵した。鎌倉幕府が討伐に派遣した足利高氏(尊氏)は後醍醐天皇に寝返り京都の六波羅探題を滅ぼした。ここに建武の新政に向けて時代が動いた。
  • 1600年徳川家康率いる東軍と石田三成率いる西軍が関ヶ原で激突。勝利した徳川家康によって江戸幕府成立へと時代が動いた。
  • 1854年二度目の黒船来航。ペリー提督率いるアメリカ艦隊は北緯35度22分を越えて東京湾を北上。横浜に上陸し日米和親条約が結ばれた。ここに明治維新に向けて時代が動いた。

| | コメント (0)

2021年7月30日 (金)

笹子地蔵霊験記その19

上総国一宮玉前神社と出雲大社を東西に結ぶ北緯35度22分のレイライン。

全長692km以上に及び寺社仏閣や富士山・大山など信仰の山などを結んでいる。

神々の世界における大動脈と言っても過言ではない。

一直線といっても場所毎に多少のずれがある。

緯度上の1分は1.852kmを考慮して下記に掲げる緯度を検証していただければ、レイラインとの関係が把握出来ると思う。

   
上総国一宮玉前神社 千葉県 北緯35度22分
上総国吾妻神社 千葉県木更津 北緯35度23分
相模国一宮寒川神社 神奈川県 北緯35度22分
大山 神奈川県 北緯35度26分
丹沢湖三保ダム 神奈川県 北緯35度24分
山中湖 山梨県 北緯35度25分
富士山 山梨県静岡県 北緯35度21分
本栖湖 山梨県 北緯35度27分
身延山久遠寺 山梨県 北緯35度22分
神坂峠(記紀では信濃坂)長野県・岐阜県 北緯35度28分
尾張国一宮真清田神社 愛知県 北緯35度18分
美濃国一宮南宮大社 岐阜県 北緯35度21分
関ヶ原 岐阜県 北緯35度21分
伊吹山 滋賀県 北緯35度25分
琵琶湖竹生島 滋賀県 北緯35度25分
元伊勢(皇大神社)京都府福知山 北緯35度25分
大江山(酒呑童子伝説) 京都府 北緯35度27分
三徳山三佛寺 鳥取県 北緯35度23分
船上山(後醍醐天皇隠岐脱出後の行宮)鳥取県 北緯35度25分
大山 鳥取県 北緯35度22分
出雲大社 島根県 北緯35度24分
日御碕神社 島根県 北緯35度25分

| | コメント (0)

2021年7月29日 (木)

笹子地蔵霊験記その18

足柄神社・吾妻山トンネルを通過したレイラインは丹沢湖三保ダムに到着する。

ここで信仰の山「大山」と「富士山」を結ぶレイラインと交差する。

この「大山」は神奈川県のおおやまのつもりで書いたが、実は鳥取県のだいせんまでつながっているのだ。

交差する相手のレイラインは、千葉県一宮町から島根県出雲市まで全町692km以上に及ぶ。

大地のパワーを伝える南北を結ぶレイラインと太陽のパワーを伝える東西を結ぶレイラインが交差しているのはゴールデンクロスと呼ぶのがふさわしい。

太陽のパワーを天の力、大地のパワーを地の力、巨大ダムを築き人造湖に水を貯水した人の力。

丹沢湖は天地人の力が集積した場所と考えられる。

 

東西の聖地を結ぶレイラインについて詳しいことは

ぶらり、大山】

東の富士、西の大山を結ぶ北緯35度22分のレイライン「御来光の道」

をクリックしてください。

| | コメント (0)

2021年7月27日 (火)

笹子地蔵霊験記その17

日本武尊をご祭神とする足柄神社を過ぎたレイラインは東名高速道路吾妻山トンネルを通過する。

東京から東名高速道路を走ると最初のトンネルが大和トンネルで、2番目が吾妻山トンネルなのだ。

どちらも日本武尊にゆかりのあるのではと思いたくなるような命名だ。

 

東名高速道路下り線の吾妻山トンネルー山北バス停間は交通事故多発地点として有名なのである。

神奈川県警でも警鐘している。

地元では高速道路の工事で墓地を移転させたのが原因と噂されてきた。

このような噂の出た原因は、何か見えないものに対する恐れからきたものであろう。

 

日本武尊に関わる伝承や神話が受け継がれた聖地をつなぐレイラインと交差していることが原因の一つと考えられる。

神聖な場所ではその場所の神様を祀っていればご加護を受けられるが、そうでないと守ってもらえない。

吾妻山という名前から日本武尊と何らかのつながりがあるはずだが、吾妻山トンネル付近には日本武尊を祀る施設は存在しない。

そのため運転している方が自己防衛をするしかないのである。

 

東名高速道路で運転している方は、都夫良野トンネルを過ぎたら日本武尊に対して心で祈り、安全運転を念じることが大事だと思う。

多くの方がそのようにして安全運転を心がけ、無事に帰宅したら日本武尊に感謝の気持ちを念じるだけで事故多発は防げると期待している。

| | コメント (0)

2021年7月23日 (金)

笹子地蔵霊験記その16

最乗寺仁王門を過ぎ次に足柄神社に到着する。

Img_minamiasigaraline3_20210723104701

地図を見ると足柄神社の特徴が分かる。

足柄峠から足柄平野に続く県道78号線とレイラインが交差する場所に足柄神社入口の看板がある。

そこから周囲の畑などを見ながら通って奥に入ると到着する。足柄峠との因縁の深さを感じる。

 

神奈川県神社庁足柄神社後由緒には次のように書かれている。


日本武尊東征の際、足柄村にしばらく滞在され休養された後、明神嶽から足柄山に向かおうとしました。

しかし、途中樹木草生い茂り道に迷ってしまいました。そこへ白い鹿が現れ、その後をついていくと難なく足柄峠に到着することが出来ました。そして白い鹿はいつの間にかいなくなってしまいました。

日本武尊は「これは神霊のお導きにならむ」と思い、侍僕に命じて足柄の地に3年滞在させ、この地に神霊を奉斎したのが足柄明神の始まりとなった。当初は明神嶽に鎮座したが、その後足柄峠・矢倉嶽Ⅱ遷座し鎌倉時代後期に現在地に遷座した。

ご祭神は天照大御神・瓊瓊杵尊・日本武尊である。

レイラインでは「3」の数字が目立つのですが、ここでも3年という表現が出てきます。

古事記では白い鹿が現れると殺してしまうのですが、足柄神社では足柄峠まで無事道案内をすることになっています。

日本書紀では場所が岐阜県と長野県の境である信濃坂に移り、道案内をしたのは白い狼となっています。

伝承がそのままた正しいとは言えないかもしれませんが、足柄神社とレイライン・足柄峠との結びつきを考えると、白い鹿が現れた場所は古事記の通り足柄の地だったと確信しています。

足柄神社の東にアサヒビール神奈川工場がありますが、アサヒビールの本社は墨田区吾妻橋にあり、足柄神社とのご縁でここに立地したと思われます。

 

 

| | コメント (0)

2021年7月18日 (日)

笹子地蔵霊険記その15

笹子地蔵と長泉院金比羅堂・御嶽神社を結ぶ一直線が、北は秩父三峯神社・群馬県妙義神社に達することが判明し、ますます日本武尊と深い繋がりがあることを確信いたしました。

そこでもう一度笹子地蔵のある南足柄市に戻ってレイラインを検証することにしました。

Img_minamiasigaraline3

上記地図で確認すると、長泉院を通り過ぎたレイラインは最乗寺仁王門に達します。

最乗寺は曹洞宗寺院ですが、天狗様を道了薩埵として寺を守護する神として祀る珍しい寺院です。

最乗寺の仁王門はレイライン上に配置されており、昔の人はレイラインの存在を知っていた可能性が高いのです。

 

レイラインは神聖な場所や寺社を結んで神聖なパワーが流れていると考えられますが、当該レイラインは三宅島と箱根山、更に浅間山などに囲まれ吾嬬郡を結ぶことで大地のパワーも流れております。

仁王門近くにある富士フイルムは1934年1月資本金300万円で設立され2月に足柄工場が操業した。

以来写真感光材料のトップ企業として発展してきた。

とりわけ1943年~1970年2代目社長春木栄氏は、狩川沿いに桜並木を寄付するなど地元愛の強い方であった。

上記地図でレイライン上にある足柄神社を創業以来生産増進の守護神として祀り、会社および社員が初詣などで最乗寺にお参りするなど、富士フイルムと南足柄市は密接な関係が長く続いた。富士フイルムと最乗寺、足柄神社は地図上レイライン上に

三角形で結ばれており、レイラインのパワーを吸収したことが発展の要因の一つだった可能性が高い。

しかしデジタルカメラの普及により

  • 2004年写真フィルム事業からの撤退。
  • 2006年に開成町に先進研究所設立。
  • 2006年に持ち株会社制に移行した際に、本店登記も南足柄市から東京都港区へ移転した。

富士フイルムが次第に南足柄市と疎遠な関係になっていくのは寂しいかぎりだが、南足柄市は箱根金太郎ラインの開通など明るい材料もあり、観光などで発展してもらえたらと願っている。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年7月17日 (土)

笹子地蔵霊険記その14

三宅島から真鶴三ツ石海岸・南足柄市内三ヶ所(御嶽神社・笹子地蔵・長泉院金比羅堂)・秩父三峯神社を経て佐渡島まで至るレイライン。

改めて地図を作成し新しい事実を発見しようとした。

Img_mitsuisimyogi    

地図を見ると神奈川県内では丹沢湖で大山・富士山と一直線でクロスする。神聖なるゴールデンクロスなのである。

そして群馬県内では妙義山・妙義神社がレイライン上に存在することが判明した。

妙義山は上毛三山の一つとして群馬県民に親しまれている山である。

更に大分県耶馬溪・小豆島寒霞渓とともに日本三大奇勝の一つでもある。

妙義神社は日本武尊を祭神としており、江戸時代は修験道の聖地として妙義大権現と呼ばれていた。

三峯神社も修験道の聖地として三峯大権現と呼ばれ、ともに徳川将軍家の厚い信仰を受けたなど共通点が多い。

妙義神社を群馬県側のレイラインの入口として考えると、その奥には何があるのだろう。

 

群馬県には活火山が4つある。浅間山・草津白根山・榛名山・赤城山だ。

レイラインはあくまで「3」にこだわっている。赤城山は仲間はずれとなってしまう。

浅間山・草津白根山・榛名山3つの活火山に囲まれた地域が吾妻郡と呼ばれており、日本書紀に出てくる碓日坂は吾妻郡周辺とされ、各地にヤマトタケル伝説が残っている。

三宅島から真鶴三ツ石海岸・南足柄市内三ヶ所(御嶽神社・笹子地蔵・長泉院金比羅堂)を経て三峯神社と一直線で繋がっていたレイラインは、日本三大奇勝の一つ妙義山に達し、その奥には群馬県の3つの活火山(浅間山・草津白根山・榛名山)に囲まれた吾嬬郡という広範囲な場所に、大地のパワーとヤマトタケル伝説に基づく信仰が及んでいたのである。

 

それにしても「3」という数字が目立つのである。

そこでもう一度古事記・日本書紀を読み直してみる。

(古事記)

足柄の険しい坂を上り、その頂に立って、海に沈んだ弟橘姫のことを思い起こし、三度深い嘆息を洩した。

「あずまはや」ああ、我が妻は!と嘆いた。

それゆえ、この国をアズマと言うのである。

(日本書紀)

甲斐から北方に転じ、武蔵と上野を通って、西の方碓日坂に至った。

日本武尊は常日頃、海に沈んだ弟橘姫を思い起こす気持ちが止むことは無かった。

碓日の山に登って、はるばると東南の方角を望み、三度深い嘆息を洩して、

「吾嬬はや」ああ、我が妻は!と嘆いた。

このゆえに、山の東の国々を名づけて、吾嬬の国という。

 

つまり、日本武尊が亡き妻を思い三度深い嘆息を洩したことが、レイライン上の日本武尊・音橘姫と深い繋がりのある場所を、その証拠として「3」という数字で関連づけていたのだ。ただ驚くばかりである。

 

次回は笹子地蔵周辺のレイラインを検証したい。

 

| | コメント (0)

«笹子地蔵霊険記その13